進歩けヤツ=にじゅうまる

「おい、投げ捨て犬。飼って決めるか」
「……ワン」
――ある日の地。自身は帰りに犬を拾った。ってもそれは犬ではなく、青年で……。
「はぁ、どうしてしちまったんだろうな。自身は」
自身は28年代という若さながらもある団体の主将を務めて掛かる。っても日毎ストレスが滞り、苛苛は募るばかり。
だからだろう。そんなジレンマした日々の中で見つけた自身の生きがい……わんこ。団体でも思いだすだけでにやけちまう。
「――舐めろ。自身のことはご旦那氏と呼べ」
そういって青年をマイホームに招き、首輪を塗り付け、足を舐めさせた夜のことを思い返す。って、
いや心ならずもこれってどうしていなの!?自身特別そっち系統じゃねーんだけど!
それほど、あのときの自身は深酒状態で、ストレスも溜まってたから何となく勢いで…。
なるほどでもアイツも嫌がってなかったし、このまま稽古とかしちゃったりして……。
「っと、わりぃ。ふっとよそ見して――え!?」
「ご旦那氏。ご思い麗しゅう」
「!?!?!?!」
瞳の誤りだろうか。マイホームに要るはずのわんこ、マテリアルい夕べの青年が自身の目の前にいるんだが。てかコチラ団体!
え!?何!こちら、どうしてここに!?
こうして自身とわんこういう身の回りが始まった。こちらは随分進歩けてやらないといかんな……。
マガジン作品はマミー限定力作。BL力作ですね。
ほむらじいこ氏の力作だ。仕事が出来る青年・春日忍。恋人がストレスMAX+深酒ときの状態、偶発わん地コンタクト、恋人を拾って仕舞う。
そう、わんことは青年・大輔の事であり、恋人は専ら忍のマイホームについて赴き、恋人の体調を
なめ回すように進歩けられる。しかし明日、会社で大輔と鉢組み合わせることに。誠に、大輔は忍と仲間だった…!?
という力作だ。非常にお求めしよ!性的叙述が多すぎず、はなしも何だかんだせず、しっかりしてあり、イラストレーションも綺麗で、更にユニークな叙述が多くてずいぶん読んでいてうれしいだ。
大輔ことわんこういう寡言で言いなりなところが良いですね。上、セメです忍も割といい。顔付きもいいし、伊達でSっ考え思いっきりだけど、割と心境形成が大仰で、困ったり講じる顔付きが甘い。
こんな両者がいちゃいちゃ始めるストーリーだ。惜しむらくはまだまだ冊数が手広くなく、1冊しか弱い内容でしょうか。善悪続きがほしいポジション。
非常にメリット盛りだくさんだ。従来の作者の力作以上にイラストレーションが綺麗なのも印象的だ!
善悪一度、実例を読んでみてください!後悔しない出来栄えだ!
福井県の不倫相談


母さんと6人の明るい弟妹

主役は藤本真理子。

解雇された父とアメイジングの要素ではたらく母さんと6人の明るい弟妹の9パーソン所帯。

ファミリーのやりくりを助ける結果有名グループチェーンホテルで客室係として勤める。

今日はリーダーが急性欠勤の結果最上階の要人室の掃除をすることに…。

要人室の皆さんは男前だってみんなが言ってたけど、シーツがぐっしゃぐしゃでだらしないのはヤダなーなんて真理子が思いながら扶養をしていると…

「待ってたよ子猫くん」って急に後ろから抱きつかれちゃった。

びっくりした真理子は大声を出すが、リーダーと間違えてた類。

でも「…ま、いっか」と言って真理子をベッドに押し倒してキスを始める。

意識がガラガラになった真理子は今度は皆さんをぶん殴って止める。

しかし、それですむハズが無く、要人室の皆さんからテレホンが…。

こわごわ要人室にわびにいくと、どこかに連れていらっしゃる。

そして「はい、和人ちゃん」という広告以外は禁断だと釘を刺される。

二人が行った先には和人(要人室の皆さん)の婦人とおばあさんがあり、

和人は真理子を婚約奴だと紹介する。

背景を評論されずに勝手に婚約奴にされてしまった真理子はひねくれるが、

「どうしてもムクれんなよ、すまんな」と言ってキスされてドキッとやる。

和人の婚約奴のフリをすことになった真理子だが、和人の正体は真理子の勤める宿屋サイクルの持主神宮寺だった。

これぞTLのマス的力作です。

民衆です真理子と有名グループチェーンホテルの持主司和人とのラブストーリー。

それも婚約奴のフリをすることから始まるなんて、力一杯ベタな女児戯画の支度ですね。

でも、ドタバタラブコントみたいなエレメントもあって読んでいて面白い力作だ。

それでいて、じっくりエッチなシーンも生まれるから、評価良い!

TL初心者にも読みやすい力作です。

キャラクターもカワイイ自分で、やはり殊更主役の真理子がめっきり良い。

所帯を大切にする健気なスポット、婚約奴のフリといえど一体全体和人を好きに患うスポット、絶えず一生懸命でがんばれってついつい応援したくなります。

和人は有名グループチェーンホテルの御曹司だけあって、男前で洗練されていて、エッチもお上手で、前文から視点なところもあるけど、真理子を全力で守ろうとやるところがかっこいい~

他の人にはワガママだけど、真理子には弱々しいみたいで、今やケツに敷かれて掛かるくさいところが笑えます。

真理子の所帯はお父さんがお人好しそうで(だから解雇された?)、ほのぼのした家事だ。

和人の婦人やおばあさんも、どっか憎めない感じで…。

恐らく二人はゴールインするのだろうと想定がつきますが、過程のおしゃべりは甚だうれしいので、嬉しい気分になる戯画だ。
宮城県の不倫調査